ヒストリアの想いと実践ケア

(地域密着型通所介護・訪問介護)

未来の超高齢化社会において必要なことは、独居高齢者や老々世帯・認知症の方々が
様々なサポートを受けながら自宅で安心して過ごせる取り組み。。

​皆さんもこんなことに悩んでいます。
  • 最近活気がなくなってきて心配
  • きちんと薬を内服してるか心配
  • しっかり食事をしているか心配
  • 最近、食事量が落ちて心配
  • 家に閉じこもりがちで人との関わりが少なくなって心配
  • デイサービスを利用しているが落ち着かない
  • デイサービスに抵抗がある
  • 定期検診していても主治医に情報提供できない
  • ​認知症になったらどうしよう。。。
『ヒストリアの想いと実践的ケア』

関わる全ての人々の

QOLを高めるサポーターであり続ける

家庭的な雰囲気で

落ち着いて過ごせる

環境づくり

自己超越を

満たすことのできる

意識したケア

独居高齢者・認知症・老々世帯に対しての

具体的なサポート

独居高齢者

老々世帯

認知症

実践的ケア・その1『環境へのこだわり』

〜家庭的な雰囲気〜

玄関はデイサービスに抵抗がある方にとって、最初の大切なポイントです。

それは、どれだけ家庭的な雰囲気を作れるかと考えています。

デイサービスでは状態を観察する場なので、ご利用者は段差のあるご自宅での生活が中心だからこそ、ご自宅と同じ環境にて日々の些細な変化に気付くことが大切だと考えています。

リハビリも兼ねているのでスロープは作らずあえて段差を作っており、

車椅子でも介助で上がれるようになっています。

介護で1番のケアは、コミュニケーションだと考えています。
 

2畳分の掘りごたつにて昔の話などをしながら、のんびりくつろげる雰囲気作りを心掛けています。

台所もコミュニケーションが図りやすく、車椅子の方でも家庭的な雰囲気で過ごせるように意識しています。

入浴時もコミュニケーションが取りやすく、スタッフと1対1で入浴していただいています。


また、1人入るたびに掃除をし、新しいお湯にて気持ち良く入ってもらうだけではなく、季節や乾燥肌の方によって入浴剤を使い分けています。

個室の静養室を完備しているので、ゆっくり休まれたり、地元の按摩師によりコミュニケーションを取りながらマッサージを受けることもできます。


遠隔によるコールも完備しております。

高齢者は下を向いて歩く方が多く、目がぼやけて見えることがあるので、段差には黒いテープを貼りコントラストをつけるようにしています。
 

どちらの麻痺でも対応できるように考えて手すりは設置しております。

​認知症ケアにおいて大切なことはリロケーションダメージを

どれだけ緩和できるか、コミュニケーションをとりやすい環境を

どれだけ考えているかにこだわっています。

実践的ケア・その2『ケアへのこだわり』

〜自己超越を引きだすケア〜

ご利用者から『ありがとう』と言ってもらえると介護職員もやりがいを感じるように、ご利用者も『ありがとう』と言われれば、やりがいや生きがいを感じることができます。
そこで、本人のできることを引き出す独自のアセスメントシート『
西伊豆マンダラート』を活用し、介護職員から『ありがとう』と言える環境づくりを提供しています。

 

(訪問介護でも同様のケアをしています)

認知症予防と呼ばれるツールは多くありますが、認知症を完全に防ぎ切ることはできません。

だからこそ、忘れてしまうことを理解して、嬉しい・楽しいの気持ちを引き出せるような心に寄り添うケアを心掛けています。

実践的ケア・その3『サポートへのこだわり』

〜具体的な取り組み〜

独居・老々世帯・認知症の方々をどのような取り組みで、サポートするか。。。

こちらをご覧ください

P.15 (3.84MB) PDFファイルが開きます

PDFファイルの閲覧・印刷にはAdobe社の Acrobat Reader(無料)が必要です。 Acrobat Readerがインストールされていない場合は、下記リンク先からダウンロードしてインストールされるとご利用いただけます。

◆ Acrobat Reader のダウンロード方法

  • 「Get Acrobat Reader」のアイコンをクリックします。

  • Adobe社のAcrobat Readerダウンロードページが表示されます。

  • ダウンロードページの説明をご確認の上、ダウンロードおよびインストールを行ってください。 

  • コミュニケーションが必要なご家族には、送りを最後にしてコミュニケーションを図るようにしています。
  • おやつ時に全職員が集まり、一人ひとりのご利用者の気付きを振り返るカンファレンスを行なっています。
  • 独居の方の送迎時には、オムツ交換や更衣など居宅内介助を積極的に実施しています。また、電話にて声掛けも実施しています。
  • 遠方に住んでいるご家族にはLINEや電話にて随時情報共有をしています。

ヒストリアの1日

『ヒストリアin西伊豆町』

​私たちがこだわる介護の形を、見にきてくださいね